Archive for the ‘神奈川県立生命の星・地球博物館’ Category

20130605鎌倉市クロウミガメ?漂着

水曜日, 6月 5th, 2013

OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMGP4745IMGP4757

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

漂着の季節が終わったら、純正クロウミガメと並べて
交雑種の検討会をいたします。

20130524横須賀市シロエリオオハム?漂着

金曜日, 5月 24th, 2013

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

漂着スナメリ捜索の際に発見し、スナメリと共に神奈川県立生命の星・地球博物館へ運びました。

20130524横須賀市スナメリ漂着

金曜日, 5月 24th, 2013

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景のy_storkさんに教えていただき、
漂着スナメリを捜索・回収し神奈川県立生命の星・地球博物館へ運びました。
神奈川県での、東京湾側のスナメリ新生児ですね。

20130323鎌倉市スナメリ漂着

土曜日, 3月 23rd, 2013

なんと相模湾で漂着スナメリ発見!20110209横須賀市スナメリ以来ですね。
いろいろ神奈川県の初記録です。
体長約180cmで、対角線をめいっぱい使って何とか車に積む事が出来ました。
いったんホームセンターに寄って梱包資材を買いこみ、
何とか汁漏れせずに冷凍庫まで届ける事ができました。

P3230306 P3230303

道路が混んでいたので材木座から歩いていたのですが、まさか終点に近い所で
漂着を発見するとは、いつ何が起こるかわかりませんね。
スナメリを引き上げ、江の電で車まで戻り、スナメリを300m引っ張って
車に積み込んで、、と忙しい一日でした。

20120827葉山町クロウミガメ漂着

月曜日, 8月 27th, 2012

明確に判定できるクロウミガメを神奈川県内で見るのは3例目です。
少数派ながら、昔から日本の沿岸?に棲息しているのかもしれません。

20120121三浦市ハンドウイルカ漂着

土曜日, 1月 21st, 2012

20120120夕方にかながわ海岸美化財団の小川さんに連絡をいただき、
引き上げてブルーシートにくるんで頂いた漂着現場に行ってきました。
神奈川県立生命の星・地球博物館に車で収容して頂き、解体はお任せして
病理解剖のみ行ってきました。

ハンドウイルカTursiops truncatus未成熟メス、栄養状態やや悪く、直接死因は溺死、
ごく最近イルカにいじめられたかよる歯型痕跡多数あり。

20111015鎌倉市タイマイ?漂着

土曜日, 10月 15th, 2011

前日にpomiyasuさんのつぶやきで情報を知り、夕方捜索に向かったのですが
暗くなってきたので解剖は断念しました。
当日は嵐になってしまいましたが、台車に乗せて数百m引っ張り、
車に積み込み、強風が怖いので下道で神奈川県立生命の星・地球博物館まで
ドライブして収めてきました。
場所が使えなかったので後日解剖調査します。

20110624鎌倉市タイマイ漂着の時は窓全開でも車内にニオイが染みつき、
子供のお迎えに顰蹙を買いました。が今回はいろいろ工夫したので大丈夫でした!

マッコウクジラ尾椎

水曜日, 9月 7th, 2011

マッコウクジラの腰椎尾椎とV字骨が一部露出していたので、
掘り出して神奈川県立生命の星・地球博物館に寄贈してきました。
重機があれば全部掘りだせそうなのですが、、、、。

20110826横須賀市タイマイ漂着

金曜日, 8月 26th, 2011

20110811横須賀市ハナゴンドウ漂着

木曜日, 8月 11th, 2011

神奈川県立生命の星・地球博物館/八景島シーパラダイス/中央水研/私の5名で解剖し、
神奈川県横須賀土木事務所と宇内建設で運搬と埋設を行いました。

成熟オス精液あり、溺死。キイロスズメバチが何度も皮団子を作りに往復していました。

20110630茅ヶ崎市オガワコマッコウ漂着

木曜日, 6月 30th, 2011


神奈川県立生命の星・地球博物館・日大・八景島シーパラダイスAQと一緒に
解剖してきました。
「マッコウクジラの子供」でも「コマッコウクジラ」でもなく「オガワコマッコウ」であり、成熟オスです。

20110624鎌倉市タイマイ?漂着

金曜日, 6月 24th, 2011


このタイマイは神奈川県立生命の星・地球博物館に運び、冷凍保存しました。
後日じっくりと、、、。

20110612葉山町アオウミガメ交雑種?漂着

日曜日, 6月 12th, 2011


背甲のテントシェイプなど、クロウミガメの特徴が出ていますが、
体色は違うので交雑種かもしれません。アカxアオも否定できないかな。
全身骨格は神奈川県立生命の星・地球博物館に運びました。

20110502藤沢市種不明イルカ漂着

月曜日, 5月 2nd, 2011

神奈川県立生命の星・地球博物館と一緒に解剖調査してきました。
死後変化が激しく、肝心なところが腐り落ちたりしていて種不明ですが、
歯の数はカマイルカぽいけど骨を見ているとカマイルカよりゴツい、、、。ハンドウイルカ?

以前はこういう事もありました。20080827横須賀市ミナミハンドウイルカ漂着

20110411逗子市スジイルカ漂着

月曜日, 4月 11th, 2011

20110408夜に発見され、20110409に埋設されたスジイルカを
探し当て掘り出してから、神奈川県立生命の星・地球博物館と一緒に
解剖調査してきました。
空胃、成熟手前のオスといったところ。

20110320鎌倉市カマイルカ漂着

日曜日, 3月 20th, 2011

解剖したところ、脂皮はごく薄いのですが肉付きは良く、アジらしき魚を食べていました。
メス、未成熟?

20110209横須賀市スナメリ漂着

水曜日, 2月 9th, 2011

何と東京湾のスナメリでした。

20090518鎌倉市クロウミガメ?漂着

月曜日, 5月 18th, 2009

imgp7384imgp7390

朝、いつもお世話になっているる池英夫さんからご連絡いただき、
「小さいウミガメ」ということなのでアオかタイマイかな、、、、と思いつつ急行してきました。
海岸では何か外見に違和感のあるアオウミガメが、カラスにつつかれていました。
背甲の尾側端がくびれている事・背甲鱗板がセロハンテープのように薄く柔らかい事・
皮膚の色調が黒っぽい事などから、クロウミガメのようです。
神奈川県内でクロウミガメを見るのは20070914鎌倉市クロウミガメ漂着に続き2回目です。

20081216三浦市タイマイ漂着

火曜日, 12月 16th, 2008

imgp5203t

20080904小田原市アオウミガメ漂着

木曜日, 9月 4th, 2008