ビーチクリーンは計画的に

10月 12th, 2009

台風18号後の自発的なビーチクリーンにより、
ウミガメの産卵場所の真上にゴミが積みあげられたり、
子ガメの進路をふさぐようにゴミが積みあげられた海岸がいくつかあります。

ゴミ山をどけてまわってはいますが、
今回はゴミ山に進路を断たれ、腹を上にしてもがいている子ガメを1匹発見しました。
ほかの子ガメ達はマゴマゴしているうちに鳥に食べられてしまったようです。

自発的なビーチクリーンはゴミの回収手段や集積場所などを
よく確認してからおこなっていただきたいと強く思います。
ゴミ山には引力があり、いちどできた山には次々と家庭ゴミやBBQゴミが
持ち込まれたりもしますから、、。

10月8日朝

10月9日朝

10月9日 とりあえず応急処置。
 

10月10日朝 自発的ビーチクリーンでゴミが集まりつつある。

10月11日早朝 甘く考えていたら廃船まで積まれ大変な事になっていました。
 

10月12日朝 誰かが少しゴミをどけてくれていましたが、
ゴミを超えられない稚ガメが1匹いました。

10月12日 稚ガメと走光性に配慮しつつゴミをどかし、
御用邸警備の人にも注意点を伝えましたが、腰痛が再発してしまいました。

20181205横須賀市アオウミガメ漂着

12月 6th, 2018

横須賀土木事務所から5日にウミガメ情報を頂き急行し、6日に場所を変えて解剖調査してきました。
種類はアオウミガメで成熟オス、非繁殖期(繁殖期の後?)、栄養良し。
アオウミガメにしては大量に食べていないほうでしたが、紅藻とホヤを食べていました。


20181124三浦市アカウミガメ漂着

11月 25th, 2018

観音崎自然博物館の山田さんから夜磯でのウミガメ情報を頂き、
夜が明けてから急行して解剖調査してきました。
種類はアカウミガメですが、がらんどうだったので所見は特にありません。

20181108三浦市アオウミガメ漂着

11月 8th, 2018

神奈川県東部漁港事務所から漂着ウミガメ情報を頂き、急行して解剖調査してきました。
種類はアオウミガメで未成熟メス、体脂肪やや薄い。
アオウミガメにしては珍しく、海藻に加えてソフトコーラルの類を食べていました。

僕の到着前にウミガメの搬出が実施され、漂着現場を見ていないのですが、
場所はこのあたりのスロープでこんな感じだったと思われます。
画像は2007年9月のアカウミガメ漂着時のものです。

20181029鎌倉市ミシシッピアカミミガメ上陸

10月 29th, 2018

かながわ海岸美化財団から「生きてて弱ってる小さいウミガメ」
情報を頂き、急行したら元気なミシシッピアカミミガメでした。
淡水ガメをウミガメとして通報が来ると、空出動が増えて時間が無くなってしまうので、
発見者の業者さん達に淡水ガメについて見分け方など説明してきました。

20181028横須賀市アカウミガメ漂着

10月 29th, 2018

長い北風続きが終わり久しぶりに南西風がドン吹きとなった週末。
28日夜にウェブ上でウミガメ漂着情報を頂き、29日に解剖調査してきました。
種類はアカウミガメで成熟手前のオス、肥満気味。
最近は巻貝を殻ごと食べていました。

20181027藤沢市スジイルカ・座礁後死亡?

10月 28th, 2018

長い北風続きが終わり久しぶりに南西風がドン吹きとなった週末。
藤沢市で27日に新鮮な死骸が漂着または座礁後死亡した、スジイルカの合同解剖に28日に参加してきました。
4人で解剖して、全身骨格は神奈川県立生命の星・地球博物館が採取しました。
昼から父の法要がありフル参加が厳しそうだったので、夜明け前からイルカを水洗いしたり
穴を掘ったり段取りをして対応しました。

20181006小田原市アカウミガメ孵化率調査

10月 6th, 2018

強風被害が多かった台風24号の後、小田原市でのウミガメ産卵巣の孵化率調査をしてきました。
西湘バイパス直下のわずかな砂丘から、約60匹のアカウミガメが太平洋に旅立っていました。
これで神奈川県の2018年ウミガメ産卵調査は全て終了です。

20180930鎌倉市アオウミガメ漂着

9月 30th, 2018

台風24号により波が高く波の遡上が高い朝に
池英夫さんからウミガメ漂着の連絡を頂き、急行して解剖調査してきました。
種類はアオウミガメで未成熟メス。体脂肪がごく薄く、紅藻を腹いっぱいに食べていました。

20180929茅ヶ崎市アカウミガメ漂着

9月 29th, 2018

ウェブ上でウミガメ情報を頂き、急行して解剖調査してきました。
種類はアカウミガメで未成熟メス肥満気味。大型のヤドカリを殻ごと食べていました。

20180924ウミガメ孵化率調査

9月 24th, 2018

夕方に、7月末のウミガメ産卵巣の孵化率調査を実施しました。
発生せずに生卵のままが多く成績の悪い産卵巣でしたが、
湘南から45匹のアカウミガメが太平洋に旅立った様子です。
このあたりでは3年ぶりですね。

20180921ウミガメ孵化脱出

9月 21st, 2018

8月の5日の神奈川県の今夏最後の?ウミガメ産卵巣から孵化脱出が始まりました。
雨続きでウミガメ幼体の足跡は薄いのですが、大迷走はしていません。

20180917ウミガメ孵化・単独脱出

9月 17th, 2018

先日孵化脱出のあったウミガメ産卵巣から、単独で後続脱出がおきました。

20180912ウミガメ孵化脱出~大迷走

9月 12th, 2018

湘南でもウミガメの孵化脱出が始まりましたが、
照明に誘引されたか雨で昼間の脱出でも起きたか、大迷走していました。

20180909茅ヶ崎市アカウミガメ漂着

9月 10th, 2018

かながわ海岸美化財団から9日夕方のウミガメ情報を頂き、急行して解剖調査してきました。
種類はアカウミガメで未成熟オス、栄養良し。ホヤやギンカクラゲを食べていました。
舌に中型の延縄の釣り針が刺さっていましたが、消化器に致命的な害は起きていませんでした。
延縄に拘束された為に溺死したかどうかは不明です。


20180908鎌倉市アカウミガメ漂着

9月 8th, 2018

鎌倉市で漂着ウミガメを解剖調査してきました。
種類はアカウミガメで未成熟メス。やや肥満気味で最近は魚を食べていました。

20180905茅ヶ崎市アオウミガメ漂着

9月 5th, 2018

茅ヶ崎市でのウミガメ情報を頂き、急行して解剖調査してきました。
種類はアオウミガメで、未成熟メス。やや栄養状態が悪く肝臓が小さめでした。

20180905横須賀市アオウミガメ漂着

9月 5th, 2018

台風21号が通過してもまだ強風なか複数経路でウミガメ情報を頂き、急行して解剖調査してきました。
種類はアオウミガメで、未成熟メス。やや栄養状態が悪く、体内は腐敗とは違う病的な臭いがしました。
台風で溺れたのでは無く、時化以前に死亡して漂流していた様子でした。

20180831鎌倉市アオウミガメ漂着

8月 31st, 2018

かながわ海岸美化財団経由で由比ヶ浜監視所からウミガメ情報を頂き、
急行して解剖調査してきました。
種類はアオウミガメで、未成熟オス、やや痩せ気味。
紅藻をたくさん食べていました。


20180828藤沢市アカウミガメ漂着

8月 28th, 2018

藤沢市に漂着したアカウミガメを解剖調査してきました。
内臓と腹膜がほぼ溶解しており性別不明ですが、爪の伸長具合からすると未成熟オスかもしれません。

20180828藤沢市アカウミガメ?漂着

8月 28th, 2018

藤沢市に漂着したウミガメを解剖調査してきましたが、ほぼ所見は得られませんでした。というのも背甲の骨と内臓がほぼ無かったからです。
腹甲の骨の形状からするとアカウミガメですが、今時の傾向からするとアカウミガメ系の交雑種も想定せねばなりません。